香りの女王 ローズ・オットー

中医アロマ担当、角川由香です。


【 ローズオットー 】

 

ローズの精油の香りをかいだことがありますか?

私は薔薇の花を見るとついつい鼻を近づけてくんくんとしますが

ローズの精油ほどの濃厚な花の香りを花で感じたことがありません。

香りをひと嗅ぎしただけでおんなっぷりが上がりそうな気がする

大好きなローズオットーの精油。

毎回ボトルを開ける度に目を閉じてうっとりします。

ローズ・オットー

 

ローズの精油には抽出法によって

水蒸気蒸留法で抽出したローズオットーと

溶剤で抽出するローズアブソリュートの二種類があります。

アブソリュートの方が熱を加えないので香りが良いとも言われますが

体に直接使う際にわずかながらも溶剤の残留を懸念されることもあり

Laniではローズオットーの精油を使用しています。

ローズオットーは一滴の精油を得るのになんと、

50本から100本の薔薇の花びらが使われると言われていて

そのために非常に高価な精油でもあります。

確かにそれだけ凝縮されているから、たった一滴で

こんなに香り高いブレンドオイルが出来るわけでなんだなと納得します。

 

そんなゴージャスなローズオットーですが

シトロネロールやゲラニオールという成分が含まれていて

これら女性のホルモンバランスを調整し、女性らしさを高めてくれると言われています。

またこれらの成分は皮膚を柔らかくして弾力を保つなど、美肌効果も着目されているため

リッチな化粧品などに配合されていることもありますね。

中医学から見ると心(心臓)の熱を冷まし、高血圧や動悸などを鎮めたり

理気、活血といって気や血の巡りを良くして

イライラやうつ、月経不順などの女性特有のトラブルにも効果的だと考えます。

中医学では腎(腎臓)を補うことでアンチエイジングにつながると考えるので

ローズオットーは腎に作用して陰(潤い)を補うため

更年期以降の女性に特におすすめしたい精油です。

年を取るのは避けられないけれど、

その人の持つ本来の美しさを保ちながらのエイジングって素敵だと思います。

一本買うには高すぎる、というロースオットーの精油。

Lani中医アロマトリートメントでぜひ味わってください。

お帰りになる時も全身からほんのり薔薇の香りが漂って

幸せな気持ちになりますよ。